借金の相続について|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

借金の相続について

借金の相続について

被相続人が残す財産には、預貯金や不動産などのプラスの財産と、借金などのマイナスの財産があり、相続人はその全てを引き継がなければなりません。

被相続人に借金があった場合、被相続人が亡くなったことで相続人が被相続人に代わって債務者となり、借金の返済をしなければなりません。

相続をしたのに返済しないままでいると、自分が借金をした場合と同じように利子が付き、最悪の場合財産が差し押さえられたりします。

被相続人に借金があったことが判明した場合、まずプラスの財産から支払い可能かどうかを調べます。

それで返済が不可能だと判断された場合、相続放棄をすることによって借金の弁済義務は消滅します。

ここで気をつけたいのが相続放棄をすると借金も帳消しになる代わりにプラスの財産も相続できなくなるということです。

マイナスの財産だけ相続放棄、ということは出来ません。

相続放棄は相続開始日から3ヶ月以内に家庭裁判所へ申請しなければなりません。

相続開始日から3ヶ月過ぎた後に多額の借金が発覚した場合などは、借金の存在を知ることが出来なかった理由が認められれば、借金があることを知った日から3ヶ月以内でも相続放棄することが出来ます。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
重畳的債務引受とは
「重畳的債務引受」とは 債務引受の方法には、「重畳的債務引受」と「免責的債務引受」があります。 債務引受けとは、債権者へ負っている債務を第三者が債務者に代わって引き受けるということです。 債務引受のうち「重畳的債務引受」とは、債務を引き受ける側が、当 […]
免責的債務引受とは
免責的債務引受とは 免責的債務引受とは、債権者に負っている債務を第三者が債務者の代わりに引き受けることです。 これがなされると、債務は旧債務者から新債務者に完全に移転するため、旧債務者は債務を免責されます。 よって、以後債権者は旧債務者に対して取り立 […]
債務控除ができる公租公課
債務控除ができる公租公課 相続税は、被相続人の方が保有されていた不動産や預貯金などの積極財産(プラスの財産)から、債務を差し引いた後の正味の財産に課税されます。 そのため、相続に際して、債務を相続されている場合には、相続税の計算上、債務を差し引くこと […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145