年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

借金を相続するか?しないか?を決める7つのポイント

借金を相続するか?しないか?を決める7つのポイント

亡くなった親の借金を把握しないまま、子が相続してしまったらどうなるのでしょう?

子は親の借金を返済しなければいけないのでしょうか?

借金を相続した後に相続放棄はできるの?期限はあるのでしょうか?

詳しくご説明しています。

1.相続した借金なんとかならないものか?

借金を相続するか?しないか?を決める7つのポイント

相続というと、子孫に利益をもたらしてくれる財産を受け継ぐものだと思いがちです。具体的には、土地や家屋、普通預金や定期預金、株、現金などです。こういったものを相続するなら、なにも文句はないでしょう。

ところが、喜ぶことができない相続もあるのです。

喜ぶことができない相続とは、負債(借金など)も相続することになるため、亡くなった方が債務超過(負債が多い状態)であればその債務を相続すれば、相続人が借金を返済していかなければなりません。

では、相続人は絶対に、亡くなった方の債務を代わりに返済していかなければならないのでしょうか?

亡くなった方の借金を返済しなくてもよい方法!

相続放棄すれば借金を引き継ぐことはありません。もちろん亡くなった方が持っていた財産も債務をすべてを引き継がなくなりますので、欲しい財産があったとしてももらうことはできません。

相続放棄をすれば、借金を返さなくて済む!ということを覚えておきましょう!

2.借金を返済しないで済む相続放棄の期限は?

借金を相続するか?しないか?を決める7つのポイント

基本的には、相続があるとわかってから、3ヶ月以内に放棄すれば、大丈夫です。民法でそう決まっています。ただ、相続があるとわかってからというのが、どうとでも取れる表現です。法律の専門家の間でも、この条項について、議論があります。ここは、難しく考えずに、字面通りに受け取りましょう。

とりあえず、3ヵ月以内に相続放棄が必要だ!ということを覚えておいてください。

3.借金があることを知らなかったら、どうなる?

借金を相続するか?しないか?を決める7つのポイント

相続財産の中に、借金があることがわからない場合があります。そのまま3ヶ月が過ぎ、相続放棄ができなかった場合、借金を返し続ければいけないのでしょうか?

このようなケースに対する過去の判例があります。判例によると、3か月を過ぎている場合でも例外で相続放棄が認められることがあります。

事情によっては、3ヶ月過ぎていた場合でも、相続放棄ができるケースがありました。


期限が過ぎていても絶対に相続放棄できないと決まったわけではありませんので、期限が過ぎている方で相続放棄をしたい方は、専門家に相談するべきでしょう。

なにしろ、金融機関によっては、3ヶ月を過ぎたことをいいことに、厳しい取り立てを始めるところがあります。そういう事態は困りますから、できる対策は取っておきましょう。

4.手続きが終わらないうちに、借金を払えと、督促された場合はどうする?

払わない方がベターです。しっかりと断ることが大切です。

借金の返済をしたことが即相続を認めたというふうに受けとられるわけではありませんが、手続きが済むまでは手を付けるべきではありません。

仮に、利益となる相続財産から、借金の支払い分を使うと、相続放棄が認められなくなる可能性がありますので注意してください。

5.父(被相続人)が借金をして、息子(相続人)が保証人のケースは、借金の支払いをするの?

ふつうは、相続人は被相続人の財産も借金もすべて受け継ぎます。相続放棄した場合は、それに当てはまらないことはすでに書きました。

問題は、相続人が被相続人の保証人をしていた場合です。

借金を相続するか?しないか?を決める7つのポイント

この場合は、そう都合よくいきません。保証人は、債務者の借金を保証すると決めたのですから、債務者が死亡したら、借金を返済していかなくてはいけません。相続放棄をしたとしても、この義務だけは免れません。保証人は保証人としての務めを果たしていかなくてはならないのです。

仮に、保証人が借金の返済ができないならば、債務整理などの手段を取る必要があります。

6.どうしたら、被相続人に借金があるか判断できるか?

借金を相続するか?しないか?を決める7つのポイント

(1)被相続人が銀行などの金融機関から借金をしていた場合は、どうなる?

被相続人の通帳を見て、判断します。引き落とし以外の方法で、被相続人が借金を返していた場合で、返済が遅れているときは、やはりお知らせが届きます。

被相続人に借金があるかないかによって、相続を放棄すべきかすべきでないかの分かれ道になります。正しい判断をするためにも、被相続人が死亡する前に、その辺を確認しておきたいところです。もしそれができない状態に陥ったなら、司法書士や弁護士に依頼して、調べてもらうという方法があります。

(2)被相続人がカード会社や消費者金融から借金をしていた場合は、どうなる

これも何らかの記録があれば、わかりますが、残っていない場合は、カード会社や消費者金融から、支払いに遅延があるというお知らせが来ます。それをもとに、判断します。

(3)個人同士の借金は、どうやって探し出す?

個人からお金を借りている場合、契約書などで記録を取っていれば、すぐにわかります、逆にない場合は、請求が来るまでは、前もって知る方法がありません。被相続人から直接聞いていたのでなければ、知りようがないので、黙って待つしか方法がないのです。

7.相続財産に不動産と借金が両方含まれるとき

不動産価格は、素人には計算しにくいものです。仮に相続するとしても、価値がわからないことには動きようがありません。最終的に、利益となる財産のほうが多いのか、借金のほうが多いのか、正確に知らなければなりません。

専門家に資産してもらうことで、判断することができるでしょう。

 

関連性が高い記事

重畳的債務引受(ちょうじょうてきさいむひきうけ)とは

「重畳的債務引受」とは 債務引受の方法には、「重畳的債務引受」と「免責的債務引受」があります。 債務引受けとは、債権者へ負っている債務を第三者が債務者に代わって引き受けるということです。 債務引受のうち「重畳的債務引受」とは、債務を引き受ける側が、当 […]

免責的債務引受とは

免責的債務引受とは 免責的債務引受とは、債権者に負っている債務を第三者が債務者の代わりに引き受けることです。 これがなされると、債務は旧債務者から新債務者に完全に移転するため、旧債務者は債務を免責されます。 よって、以後債権者は旧債務者に対して取り立 […]

債務は遺産分割ができない!?

1.相続財産の中の債務は遺産分割の対象外 相続する財産には、借金などの債務も含まれるということは、みなさんも聞いたことがあるのではないでしょうか。 ただ、遺産分割協議で特定の人に財産全てを相続させることになったとしても、債務の場合には、その特定の人が […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る