土地の無償返還に関する届出書に関する税務|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

土地の無償返還に関する届出書に関する税務

「土地の無償返還に関する届出書」を提出していても、支払っている地代の額によっては貸付事業用宅地の特例の適用が受けられます。

土地の無償返還に関する届出書について

「土地の無償返還に関する届出書」とは、土地を借りている法人が将来その土地を無償で個人に返還することを記載した書類で税務署に対して届出を行います。この届出書が認められるためには、①権利金の収受がない、②契約書に無償返還条項を記載することが必要です。

契約書で使用した無償返還条項は当事者間でのみ有効!?

「土地の無償返還に関する届出書」が提出されている場合であっても、土地賃貸借契約
がなされている場合には、借地借家法が優先され無償返還できないこともあるので注意が
必要です。これは借地借家法第九条の記載があるためです。

「土地の無償返還に関する届出書」と小規模宅地等の特例について

「土地の無償返還に関する届出書」が提出されていても、法人が個人に地代を支払うケースはあります。この地代が固定資産税等相当額程度でしたら、使用貸借契約となり小規模宅地等の特例の適用はありませんが、通常の世間相場並の地代であれば適用が可能であると考えられます。

「土地の無償返還に関する届出書」と借地権の認識

地主が個人で借地人が法人の場合、「土地の無償返還に関する届出書」の提出の有無によって借地権の価額に違いが生じます。「土地の無償返還に関する届出書」を提出した場合であっても、借地契約が賃貸借契約の場合には、自用地評価額の20%を借地権として同族会社の株価評価の際に計上します。

簿外借地権について

地主が個人で借地人が法人の場合、「土地の無償返還に関する届出書」が提出されていなくても、借地権設定が7年以上前であれば認定課税は行われずに、地主は底地評価、借地人である法人は同族会社の株式評価で借地権を計上します。
しかしこのような場合には法人の決算書に借地権は認識されていないため、決算書上は借地権ゼロ、株価評価の際に借地権認識ということになります。そして借地権の設定が7年以上前であれば時効により認定課税は行われずに、いわゆる簿外借地権が存在するという状況になります。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
相続実務における雑種地の相続税評価を分かりやすく解説
雑種地に分類させる土地の相続税評価についての概要をこちらで分かりやすく解説します。雑種地の相続税評価は、税理士でも間違えることが多いため慎重になる必要があります。こちらで概要を学んでいってください。 1.「雑種地」の定義 財産評価基本通達では、宅地、 […]
貸駐車場の相続税評価 ~賃借権が控除できる場合とできない場合~
貸駐車場の評価は、土地を青空駐車場として貸付けているのか、利用者が屋根等の施設を自らの費用で造ることができる契約かどうか等、被相続人が亡くなった時点でのその貸駐車場の状況により、評価方法が異なります。状況ごとの相続税評価額を順番に解説していきます。 […]
ブルーマップや路線価の閲覧方法
ブルーマップの閲覧方法 土地には、不動産登記上では、「地番」という番号が付され、住所の番地とは違った名前がついているのをご存じですか?ブルーマップとは、住所から不動産登記上の地番が一目でわかるようにかかれた地図帳のことです。 内容としては、公図界、公 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145