相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

チェスター相続税実務研究所

小規模宅地等の特例の適用可否について(特定居住用宅地等の判定)

2014/10/13

【事実関係】

小規模宅地等の特例の適用可否について(特定居住用宅地等の判定)
  • ●甲は以前に死亡している。
  • ●今回、乙の子であるAが死亡した(乙とAは別生計)。
  • ●乙及びBは、マンションに住んでおり、そのマンションの登記名義人は甲である(未登記)。
  • ●甲死亡の際に遺産分割協議を行っておらず、甲の相続人(乙・A・B)の共有状態となっている。
  • ●今回の相続で、Aの相続人である乙がマンションの内、共有持ち分を相続する。
  • ●租法第69条の4第3項第2号ロには、「相続開始前三年以内に自己又は配偶者の所有する家屋に居住したことがない」ことが要件として記載されていますが、このように共有状態となっている場合は、どのように考えれば良いでしょうか。

【取扱い】

民法第898条は、相続人が数人であるときは、相続財産はその共有に属すると定めており、分割されていないときであっても相続財産は数人の相続人による共有(いわゆる遺産共有)に属することとしており、一般にその共有状態は、民法第249条以下に定める共有と性質が同じものであると考えられます。

つまり、乙とBは共有持分を有する家屋に居住していることになり、「相続開始前三年以内に自己の所有する家屋に居住したことがない」という要件を満たさないこととなります。

従いまして、当該宅地は特定居住用宅地等に該当しないこととなります。

< 一覧へ戻る

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

無料特典

ページトップへ戻る