相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

お気に入り
登録
お問い
合わせ

チェスターNEWS

相続税をはじめ、さまざまな税についてのニュースを発信いたします。

1 はじめに 平成30年度税制改正において、小規模宅地等の特例について、特定居住用宅地等及び貸付事業用宅地等の改正が行われました。これらのうち、特定居住用宅地等の改正について、その適用の可否について判断が難しい事例を、以下で説明いたします。 2 【事 […] 詳細を見る

1 はじめに 日本に住んでいる日本人の所有する財産というのは、必ずしも日本国内にあるものだけとは限りません。海外に不動産を所有していたり、海外の銀行に預貯金を所有していたりすることもあります。このような海外財産を所有する人が亡くなった場合、海外の不動 […] 詳細を見る

1.はじめに 平成30年7月6日、「民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律(平成30年法律第72号。以下「本法律」とします。)が成立し(平成30年7月13日公布)、民法のうち相続法の分野が大きく見直されました。そのうちの一つとして、「相続人以外の […] 詳細を見る

1.はじめに 土地の固定資産税評価額に影響を与える「土地の地目」の認定が問題となった最近の裁判事例を以下で紹介いたします。 2.事例1「商業施設に隣接する調整池の地目が「宅地」に該当するか」 ⅰ)事例 納税者が本件各土地(本件土地1、本件土地2)を商 […] 詳細を見る

1.はじめに 民法(相続関係)の大改正のうちの1つに「配偶者居住権」の新設があり、配偶者居住権は2020年4月1日に施行されます。これに伴い、平成31年度税制改正において、配偶者居住権及びその敷地利用権等の評価方法が相続税法第23条の2に法定されまし […] 詳細を見る

1.立竹木とは 立竹木(りゅうちくぼく)とは、地面から生えている立木と立竹をいいます。 国税庁の通達独特の表現であり、法令などではあまり使用例がありません。立木法(立木に関する法律)における立木などは立竹木の典型例となります。立竹木も相続の対象となり […] 詳細を見る

1.はじめに 平成30年度税制改正において、平成30年4月1日以後に相続等が開始する案件については、小規模宅地特例の貸付事業用宅地等の範囲から、「相続開始前3年以内」に「新たに貸付事業の用に供された宅地等」は対象外とされました。  では、そもそも小規 […] 詳細を見る

1.はじめに 平成31年度税制改正において、空き家発生の抑制を図るべく、「被相続人の居住用財産(空き家)に係る譲渡所得の特別控除の特例(以下、「空き家特例」とします。)」が拡充・延長されることとなりました。 2.空き家特例とは (国税庁HP:№330 […] 詳細を見る

1.はじめに 平成31年度税制改正において、個人版事業承継税制が創設されます。 この個人版事業承継税制においては、担保の提供を条件に、その適用が認められますが、法人の事業承継税制の場合に認められる、いわゆる「みなす充足」の規定がありません。 ここで、 […] 詳細を見る

1.はじめに 平成31年度税制改正において、特定所有者不明土地に係る長期譲渡所得の課税の特例が創設されます(租税特別措置法案31の2第2項)。 この特例は、平成30年11月に一部施行された「所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法(以下では「 […] 詳細を見る

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る