相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

お気に入り
登録
お電話

お問い
合わせ

チェスターNEWS

相続税をはじめ、さまざまな税についてのニュースを発信いたします。

1 はじめに 相続税における財産評価の中で、土地の評価が中心的な争いとなることが散見されます。 先日も、土地の相続税評価が争いになった訴訟において、東京地方裁判所は、「不動産鑑定士による鑑定評価額が評価通達に基づく評価額を下回っているというのみでは、 […] 詳細を見る

1 はじめに 相続税調査において相続財産の申告漏れが発覚し、その申告漏れが「隠蔽又は仮装」(国税通則法第68条1項)に該当する場合、当該申告漏れは重加算税の対象となります。 ただ、課税当局が「当該申告漏れは隠蔽又は仮装に該当する」と判断して重加算税の […] 詳細を見る

1 はじめに e-Taxとは、申告などの国税に関する各種の手続きについて、インターネットを利用して電子的に手続きが行えるシステムです。(e-Tax公式HP) 現在は、所得税・贈与税・個人消費税等の確定申告の申請などに利用できますが、令和元年10月1日 […] 詳細を見る

1 はじめに この約40年間、相続法について大きな見直しがされることはありませんでした。しかし、その間に、日本社会も大きく様変わりし、少子高齢化、高齢者間の再婚の増加により、相続法の見直しの必要性が高まってきました。 そこで、相続法の見直しが検討され […] 詳細を見る

1 はじめに 令和元(2019)年10月に消費税率が8%から10%に引き上げが予定されています。この消費税率の引き上げに伴い、令和元(2019)年度税制改正では、住宅に対する税制上の支援措置として住宅ローン控除の特例が創設されました(租税特別措置法4 […] 詳細を見る

1 はじめに 小規模宅地等の特例の適用にあたり、平成30年度税制改正において貸付事業用宅地等に3年縛りの規制が設けられましたが、平成31年度税制改正においては特定事業用宅地等についても3年縛りの規制が設けられました。 ただし、平成31年度の税制改正に […] 詳細を見る

1 はじめに 令和元年度(2019年度)税制改正において、源泉徴収と確定申告の配偶者に係る控除の適用が見直されました。 従来は、源泉徴収における源泉控除対象配偶者に係る控除の適用について、夫婦双方で適用可能な場合がありました。そこで、このような二重控 […] 詳細を見る

1 はじめに 平成30年度税制改正において、小規模宅地等の特例について、特定居住用宅地等及び貸付事業用宅地等の改正が行われました。これらのうち、特定居住用宅地等の改正について、その適用の可否について判断が難しい事例を、以下で説明いたします。 2 【事 […] 詳細を見る

1 はじめに 日本に住んでいる日本人の所有する財産というのは、必ずしも日本国内にあるものだけとは限りません。海外に不動産を所有していたり、海外の銀行に預貯金を所有していたりすることもあります。このような海外財産を所有する人が亡くなった場合、海外の不動 […] 詳細を見る

1.はじめに 平成30年7月6日、「民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律(平成30年法律第72号。以下「本法律」とします。)が成立し(平成30年7月13日公布)、民法のうち相続法の分野が大きく見直されました。そのうちの一つとして、「相続人以外の […] 詳細を見る

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る