相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

チェスターNEWS

相続税をはじめ、さまざまな税についてのニュースを発信いたします。

1 はじめに 令和元年度税制改正において、「教育資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置」の制度が見直しされました。国税庁は、これを受けて、8月15日に、この制度に関するQ&Aを改訂しました。具体的には、贈与者が死亡した場合の手続き、教育資金に課税関係 […] 詳細を見る

1 はじめに 「広大地の評価」について見直しがあり、平成30年1月1日以後の相続等により取得した財産の評価については、「地積規模の大きな宅地の評価」に変わりました。 これにより、以前のような面積に比例して減額する評価方法から、各土地の状況に応じて計上 […] 詳細を見る

1 はじめに 令和元年度税制改正の目玉の1つに、いわゆる「個人版事業承継税制」の創設があります。 事業承継を円滑にするための税制上の優遇措置は、これまでにも行われていましたが、その対象は限定されていました。そこで、今回の税制改正において、その対象が大 […] 詳細を見る

  1 はじめに 令和元年度税制改正においては、相続法や民法の改正に伴って相続税法が改正されたり、租税特別措置法(相続税・贈与税関係)の改正によって納税猶予制度の創設や見直しが行われたりしました。 【相続税法の改正】 Ⅰ 民法(相続法)の改正に伴う見 […] 詳細を見る

1 はじめに 平成30年7月6日、「民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律が成立し(平成30年7月13日公布)、民法のうち相続法の分野について、大きな見直しが行われました。 今回は、そのうち、仮払い制度等の創設・要件明確化について、簡単に説明しま […] 詳細を見る

1 はじめに 日本在住の日本人が遺言を書く際、日本で遺言を書いているのだから大丈夫だろうと考えてしまいがちです。ただ、海外資産を保有しているのであれば、当該海外資産の所在国で有効な遺言も作成しておく方が望ましいといえます。 海外資産を保有する場合の遺 […] 詳細を見る

1 はじめに 国税庁は、令和元年7月5日及び8日、ホームページにおいて、令和元年度税制改正に伴う譲渡所得及び相続税関係の改正通達等を公表しました。 配偶者居住権の課税関係や遺留分侵害額請求における課税関係について改正通達で示されましたので、以下で簡単 […] 詳細を見る

1 はじめに 令和元年分の路線価図及び評価倍率表(財産評価基準)が、令和元年7月1日、国税庁ホームページで公表されました(国税庁HP)。 路線価図及び評価倍率表には、路線価や評価倍率が記載されています。 この令和元年分の路線価図及び評価倍率表は、平成 […] 詳細を見る

1 はじめに 相続税における財産評価の中で、土地の評価が中心的な争いとなることが散見されます。 先日も、土地の相続税評価が争いになった訴訟において、東京地方裁判所は、「不動産鑑定士による鑑定評価額が評価通達に基づく評価額を下回っているというのみでは、 […] 詳細を見る

1 はじめに 相続税調査において相続財産の申告漏れが発覚し、その申告漏れが「隠蔽又は仮装」(国税通則法第68条1項)に該当する場合、当該申告漏れは重加算税の対象となります。 ただ、課税当局が「当該申告漏れは隠蔽又は仮装に該当する」と判断して重加算税の […] 詳細を見る

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る