相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

チェスターNEWS

相続税をはじめ、さまざまな税についてのニュースを発信いたします。

1 はじめに 直系尊属から結婚・子育て資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税に関する制度とは、平成27年4月1日から令和3年3月31日までの間に、20歳以上50歳未満の方(以下「受贈者」といいます。)が、結婚・子育て資金に充てるため、金融機関等と […] 詳細を見る

1 はじめに 「配偶者居住権」は、今回の民法大改正により創設され、令和2年4月より施行されます。 配偶者居住権とは、残された配偶者が無償で自宅に住み続けることができる権利を法定化したものです。 配偶者居住権の評価方法について、令和元年度税制改正で相続 […] 詳細を見る

1 はじめに 類似業種比準価額における評価会社の「1株当たりの利益金額」の算定に当たり、「固定資産売却益、保険差益等の非経常的な利益の金額を除く」と定められています(財産評価基本通達183(2))。 今回紹介する事例は、この「非経常的な利益」に該当す […] 詳細を見る

1 はじめに 令和元年10月1日から消費税が10%に引き上げられました。これに伴って、直系尊属から住宅取得資金等の贈与を受けた場合の非課税特例における非課税限度額が拡大されました(租税特別措置法70の2等)。つまり、住宅取得等資金の贈与税の非課税特例 […] 詳細を見る

1 はじめに 今回、昭和55年以来、約40年ぶりに相続法が見直され、平成31年1月から段階的に施行されています。 その改正のうち、「遺留分」に関する改正のポイントは、以下の3点です。 ➀遺留分減殺請求権(改正後は「遺留分侵害額請求権」となります。)か […] 詳細を見る

1 はじめに 相続税法において課税対象となる財産の評価については、財産評価基本通達に依拠していますが、財産評価基本通達総則第6項では、「特別の事情」がある場合には個別的・例外的な評価方法を認めています。 先日、財産評価基本通達によらない判断方法で評価 […] 詳細を見る

1 はじめに 令和元年度税制改正において、「教育資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置」の制度が見直しされました。国税庁は、これを受けて、8月15日に、この制度に関するQ&Aを改訂しました。具体的には、贈与者が死亡した場合の手続き、教育資金に課税関係 […] 詳細を見る

1 はじめに 「広大地の評価」について見直しがあり、平成30年1月1日以後の相続等により取得した財産の評価については、「地積規模の大きな宅地の評価」に変わりました。 これにより、以前のような面積に比例して減額する評価方法から、各土地の状況に応じて計上 […] 詳細を見る

1 はじめに 令和元年度税制改正の目玉の1つに、いわゆる「個人版事業承継税制」の創設があります。 事業承継を円滑にするための税制上の優遇措置は、これまでにも行われていましたが、その対象は限定されていました。そこで、今回の税制改正において、その対象が大 […] 詳細を見る

  1 はじめに 令和元年度税制改正においては、相続法や民法の改正に伴って相続税法が改正されたり、租税特別措置法(相続税・贈与税関係)の改正によって納税猶予制度の創設や見直しが行われたりしました。 【相続税法の改正】 Ⅰ 民法(相続法)の改正に伴う見 […] 詳細を見る

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る