年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

チェスターNEWS

相続税をはじめ、さまざまな税についてのニュースを発信いたします。

1.はじめに NISA(少額投資非課税制度)に関しては、以下に説明するように、その開始した年である2014(平成26)年分については2018(平成30)年で5年間の非課税期間が終了しますが、翌2019(平成31)年分の非課税投資枠に移管できます(ロー […] 詳細を見る

1.はじめに 平成30年4月6日に、東京国税不服審判所において、大企業グループの名義株を巡る巨額の相続税に関する更正処分が取り消されました。 まず、名義株とは、どういった株式を指すのでしょうか。 そもそも、株主等とは、原則として、株主名簿又は社員名簿 […] 詳細を見る

1.国外財産制度とは 平成24年の税制改正において、国外財産調書制度というものが新設されています。これは、国外財産を保有する者から、その保有する国外財産に係る調書の提出を求める制度です。具体的には、毎年12月31日時点で5000万円超の国外財産を保有 […] 詳細を見る

1.はじめに 国税庁が、「平成30年分給与所得の源泉徴収票の記載のしかた」について公表しました。これは、平成29年度税制改正により見直された配偶者控除及び配偶者特別控除に対応するものになります。 ここで、平成29年度税制改正により、配偶者控除及び配偶 […] 詳細を見る

1.問題点 平成30年度税制改正において、これまでの一般措置に加え、適用要件が緩和された事業承継の際の贈与税・相続税の納税を猶予する「事業承継税制」が特別措置として創設されました。これは、今後5年以内に特例承継計画を都道府県に提出して特例円滑化法の認 […] 詳細を見る

(1)はじめに 平成30年度税制改正により、相続(相続人に対する遺贈を含みます。以下同様。)によって取得した土地所有権の移転登記をする際に支払う登録免許税について免税措置が設けられました。 今回の改正は、いわゆる所有者不明土地問題を解決するためのもの […] 詳細を見る

(1)はじめに 昨今、社会的に大きな関心を集めいている仮想通貨ですが、その取引が広がる一方で、法整備が追い付いていないというのが現状です。とりわけ税制上の取扱いについては、その整備が急がれるところです。 そんな中、国税庁では、平成29年12月に、「仮 […] 詳細を見る

1.はじめに  ~2つのリスク軽減対応策~ 平成30年度税制改正において、これまでの一般措置に加え、適用要件が緩和された事業承継の際の贈与税・相続税の納税を猶予する「事業承継税制」が特別措置として創設されました。それは、今後5年以内に特例承継計画を都 […] 詳細を見る

1.事業承継補助金とは 事業承継補助金とは、事業承継をきっかけとして経営革新や事業転換に取り組む、地域経済に貢献する中小企業者に対して行われる支援です。 このような補助金の公募は、平成29年も行われていましたが、予算額が4.7億円にすぎなかったところ […] 詳細を見る

近年、中小企業の事業承継に注目が集まっており、税制面からもそれをサポートする動きが出てきています。 この記事では、税理士が知っておくべき事業承継税制の再整理と注意点を解説していきます。 1.自社株納税猶予の特例の概要 事業承継税制という言葉からはイメ […] 詳細を見る

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る