相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料面談実施中

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

チェスター相続実務研究所

税理士法人チェスターの内部組織「チェスター相続税実務研究所」による相続税実務の詳細解説となります。

相続税実務において、書籍に載っていないような難解な事例のご紹介をします。

※記事の内容はすべて執筆時点の法令に従っております。なお、当該記事の内容を利用して発生した損害等に関して、税理士法人チェスターは一切の責任を負いかねます。

現行の相続税法第19条において、相続又は遺贈により財産を取得した者が、相続開始前3年以内に暦年課税制度による贈与で財産を取得していた場合には、その贈与財産については相続税の課税価格に算入し、相続税の対象とすることとしています。 ここで言う相続開始前3 […]
相続税における土地の評価を行う場合、その利用の単位によって土地を区分けし評価します。 土地の評価を行う上での大前提となる考え方ですが、実際に評価を行う場合には頭を悩ますことも多い論点となります。 ここでは賃貸借契約がされている土地の評価単位について確 […]
1.相続税の課税対象となる交通事故の損害賠償金 交通事故により支払いを受ける損害賠償金は、相続税の課税対象となる場合があります。 国税庁タックスアンサーNo.4111(交通事故の損害賠償金)では「被害者が死亡したことに対して支払われる損害賠償金は相続 […]
(1)「被相続人の居住用財産(空き家)を売ったときの特例」の概要 「被相続人の居住用財産(空き家)を売ったときの特例」とは、 相続又は遺贈により取得した被相続人居住用家屋又は被相続人居住用家屋の敷地等を、平成28年4月1日から令和5年12月31日まで […]
相続税法においては、一定の要件に該当する保険契約について、みなし相続財産やみなし贈与財産として課税する旨が規定されています。例えば被保険者である保険料負担者に相続があった場合や保険料負担者と保険金受取人が異なる場合に満期保険金等の保険金が支払われた場 […]
1.小規模宅地等の特例について 個人が相続又は遺贈により取得した宅地等のうち、その相続開始の直前において被相続人(又は被相続人の生計一親族)の事業の用又は居住の用に供されていたものについては、一定の要件を充足する場合、その評価額を一定の割合で減額する […]
数次相続で取得した被相続人の自宅不動産を売却した場合においても、一定の要件を満たすことで、空き家特例(措置法35条3項)を適用することができると考えられます。しかし、被相続人の居住状況によっては、適用できるか否かの判断は異なります。 この記事では、夫 […]
小規模企業共済制度とは、小規模企業の個人事業主や会社等の役員が、事業の廃止や退職に備えて、生活の安定や事業の再建を図るための資金をあらかじめ準備しておく共済制度です。受け取ることができる共済金の金額は、掛金の納付月数や共済事由により異なり、受け取った […]
相続税の計算を行う中ではいくつかの税額控除が認められています。その中の一つに「障害者控除」があります。 この障害者控除の主な適用要件(一部抜粋)は以下の通りとなります。 ①相続等により財産を取得した時において日本国内に住所があること ②相続等により財 […]
(1)措法70条とは  相続した財産を、相続税の申告期限までに国等に対して贈与した場合には、その贈与をした財産の価額は、当該相続に係る相続税の課税価格に算入しない、という規定です。贈与の相手方は限定されていますが、公益を目的とする事業を行う一定の法人 […]

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る