相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料面談実施中

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

チェスター相続税実務研究所

印税収入がない場合の著作権の評価

2015/05/11

被相続人の死後、出版社の薦めにより被相続人が掲載していた雑誌のコラムを単行本化することになりました。著作物利用許諾契約を結び、実売部数により変動しますが著作権利用料も入る予定です。生前、被相続人は原稿料をもらっていましたが、印税はもらっていなかったので、著作権はない、又はあるとしても年平均印税収入が0なので著作権の評価も0と考えていいでしょうか?

被相続人の記載したコラムは被相続人の著作物であり、その著作物に市場価値があれば著作権として相続財産に計上しなければなりませんが、著作物単体で市場価値がない場合には著作権は0になると考えられます。

著作権の評価にあたっては、財産評価基本通達148に基づき下記の通り評価します。

・年平均印税収入の額×0.5×評価倍率

今回の場合、年平均印税収入の額がありませんので、被相続人が記載したコラムの原稿料収入等を基礎にして合理的に推定し計算することになると考えられます。

< 一覧へ戻る

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る