相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

チェスター相続税実務研究所

利用価値が著しく低下している宅地の評価(忌み地に該当する場合)

2013/09/17

利用価値が付近にある他の宅地の利用状況からみて、著しく低下していると認められる宅地については、該当する部分につき、10%の評価減が認められています。

これは、国税庁の下記「タックスアンサー」に明記されています。

国税庁タックスアンサーNo.4617 利用価値が著しく低下している宅地の評価

具体的な計算方法としては、宅地について利用価値が低下していないものとして評価した場合の価額から、利用価値が低下していると認められる部分の面積に対応する価額に10%を乗じて計算した金額を控除した価額によって評価します。

国税庁のタックスアンサーでは、“著しく低下していると認められる宅地”の例示の一つに、「忌み地等」を挙げています。

一般的に「忌み地等」は、墓地に隣接している宅地などが該当します。

ただし、評価対象地が墓地や寺院が多数存在する地域にある場合には、その対象地以外の宅地についても同じ状況にあることから、その対象地の取引金額に与える影響がほとんどないと考えられ、“付近の他の宅地の利用状況からみて、著しく利用価値が低下している”とはいえなくなります。つまり、「忌み地等」として認識し、10%の評価減を適用することが難しくなると考えらえます。

重要なことは、“付近の他の宅地の利用状況からみて、著しく利用価値が低下している”かどうかであるため、対象地だけではなく、周辺の状況もみて判断することが必要です。

< 一覧へ戻る

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る