相続税の申告・相談なら年間申告実績1,700件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国10拠点】東京本店・新宿・池袋・千葉・大宮・横浜・名古屋・神戸・大阪・福岡
【全国10拠点】
最寄り事務所を探す»

面談予約専用フリーダイヤル

0120-888-145

平日 9時〜21時 土日祝 9時〜17時

  • 東京
    【東京事務所】直通フリーダイヤル0120-390-306
  • 新宿
    【新宿事務所】直通フリーダイヤル0120-688-377
  • 池袋
    【池袋事務所】直通フリーダイヤル0120-958-840
  • 千葉
    【千葉事務所】直通フリーダイヤル0120-567-905
  • 大宮
    【大宮事務所】直通フリーダイヤル0120-736-510
  • 横浜
    【横浜事務所】直通フリーダイヤル0120-958-968
  • 名古屋
    【名古屋事務所】直通フリーダイヤル0120-822-088
  • 神戸
    【神戸事務所】直通フリーダイヤル0120-817-825
  • 大阪
    【大阪事務所】直通フリーダイヤル0120-957-728
  • 福岡
    【福岡事務所】直通フリーダイヤル0120-359-520
お電話

各事務所詳細ページに飛びます

チェスター相続税実務研究所

契約未更新の旧法借地権の取り扱い 駐車場目的に変更した場合の旧法借地権の取り扱い

2013/10/14

土地の賃貸借契約で、契約期間が満了した場合でも更新契約が締結されていないケースがあります。このように更新契約を交わしていない場合でも、借地契約は更新したものとみなされます(法定更新) そのため、借地権は存続していると考えます。

また、借地権者が借地権設定者(地主)の承諾を得て、借地権を建物所有目的から駐車場使用目的に変更し建物を取り壊したケースを見てみます。

旧借地法や借地借家法における借地権は「建物の所有を目的とする地上権または土地の賃貸借」と規定しています。  そのため、建物がない状況ということであれば、旧借地法や借地借家法の規定の適用を受けずに、民法の規定が適用されることになると考えられます。

仮に、旧借地法の適用がある借地権上の建物を取り壊して駐車場として利用した後、再度建物所有目的として建物を建築したとしても、新たな借地権の設定とされ、旧借地法ではなく借地借家法の規定が適用されることになると思われます。

< 一覧へ戻る

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
21:00

土日祝
9:00-
17:00

お電話

面談予約専用

0120-888-145

【平日】9時~21時 【土日祝】9時~17時

アイコン

資料請求

ページトップへ戻る