相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

チェスター相続税実務研究所

不特定多数の者の通行の用に供されている私道か否か

2017/03/31

私道の評価においては

①不特定多数の者の通行の用に供されている場合には、その価額を評価しないもの

②特定の者の通行の用に供されている場合には、その私道の用に供されている宅地を自用地として評価した価額の100分の30に相当する価額で評価するもの

とされています。

ここで、図のような私道は、①と②、いずれの方法で評価することになるのでしょうか。

公道から公道へ通り抜けが可能な私道ですが、両側に階段があり、車の侵入はできず、実質的に宅地の住人以外には使用していないと思われる私道です。

不特定多数の者の通行の用に供されている私道か否か

国税庁の質疑応答事例では、「不特定多数の者の通行の用に供されている」ことについて、以下のように例示されています。

【国税庁 質疑応答事例】

1 「不特定多数の者の通行の用に供されている」例を具体的に挙げると、次のようなものがあります。

 イ 公道から公道へ通り抜けできる私道

 ロ 行き止まりの私道であるが、その私道を通行して不特定多数の者が地域等の集会所、地域センター及び公園などの公共施設や商店街等に出入りしている場合などにおけるその私道

ハ 私道の一部に公共バスの転回場や停留所が設けられており、不特定多数の者が利用している場合などのその私道

2 不特定多数の者の通行の用に供されている私道とは、上記のようにある程度の公共性が認められるものであることが必要ですが、道路の幅員の大小によって区別するものではありません。

 図の私道は、「公道から公道へ通り抜けできる私道」に該当しますが、地形的に不特定多数の者の通行の用に供されているとは考えづらく、実際の利用状況としては特定の者の通行の用に供されていると思われます。

このような場合であったとしても、特定の者以外の者も利用可能ではあるため、不特定多数の者の通行の用に供されている私道として捉えても問題無いものと思われます。

< 一覧へ戻る

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る