相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で5万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

チェスター相続税実務研究所

私道を地方公共団体へ有償貸付している場合の評価について

2018/01/19

【前提】

・所有する不動産の一部が地方公共団体へ有償貸付されている。

・地方公共団体との賃貸契約書があり、年額約10万円の入金がある。

・提供している不動産は、2車線の道路となっており、公衆用道路である。

【評価方法】

私道の評価は、以下の区分に応じ2つの評価方法が財産評価基本通達で定められています。

1.公共用であり、不特定多数の者の通行の用に供されている私道評価しない。

2.専ら特定の者の通行の用に供されている私道 その宅地が私道でないものとして評価した価額の30%相当額

 上記1のケースについて評価を行わなくて良いとされている理由は、過去の裁決において以下のように示されています。

①公共性が高く、もはや私有物として勝手な処分ができるものではない。

②私道を廃止して宅地となる可能性は極めて低くなるため。

  通常、所有者以外の方が私道を使用している場合であっても、賃料をもらって貸し付けていることは少ないと思います。では、このように有償で貸し付けている私道はどのように評価すれば良いのでしょうか。

 今回の事例においても、前提の状況からすれば、上記①②の条件は満たしますので、この点では公衆用道路として評価しないという結論になります。

一方で、賃料が発生しているため、客観的交換価値があるようにも考えられます。しかし、財産評価基本通達上、賃料が発生している場合の私道の評価方法は特に定められておりませんので、通常の私道評価を準用して評価を行えば良いと考えられます。

 よって、有償貸付している私道についても、公衆用道路として不特定多数の者の通行の用に供されているのであれば、0評価になるものと考えられます。

< 一覧へ戻る

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国7拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る