相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で5万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

チェスター相続税実務研究所

小規模宅地等の特例を計算する際の㎡単価

2014/08/04

土地の上に建物が2棟建っています。1棟は被相続人の自宅、もう1棟は被相続人とは別生計である長男の自宅として利用されており、全ての土地・建物は被相続人が所有していました。長男から被相続人へ家賃の支払いはありません。

被相続人が自分で使っている土地とタダで貸している土地については、原則として全体を一画地として一体評価を行います。

小規模宅地の特例については、被相続人の自宅の敷地部分は特定居住用の要件に該当する可能性がありますが、長男の自宅の敷地部分については小規模宅地の特例の対象にはなりません。

このような場合には、土地の評価額を地積で按分し、被相続人の自宅の敷地部分の評価額に対して、特例の計算を行います。

さらに、この土地に将来セットバックをしなければならない部分がある場合の取扱いですが、セットバックが必要な土地の評価は、土地全体の評価額からセットバックに係る評価減を控除する方法によるため、評価減の影響が土地全体に及びます。

したがって、小規模宅地の特例の対象となる敷地部分がセットバックの対象となる場合でも、そうでない場合でも、計算の基礎となる土地の評価額はセットバックの評価減の影響を受けることになります。

ちなみに、このケースで、被相続人の自宅部分と長男の自宅部分について取得者が異なる場合にはそれぞれを一画地として別に評価を行うことになりますので、分割方法についても検討をする必要があります。

< 一覧へ戻る

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国7拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る