相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で5万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

チェスター相続税実務研究所

所得税の特定事業用資産の買換特例(租税特別措置法第37条1項9号買換)

2014/08/25

【前提条件】

  • ・譲渡資産は個人甲所有の土地A
  • ・土地Aは駐車場として甲の不動産貸付業の用に供されている
  • ・買換資産は営業中のコンビニとその敷地(土地B)
  • ・コンビニは法人Xが取得し敷地のみ甲が取得
  • ・法人Xは甲の子である乙が代表者・100%保有
  • ・取得後、土地Bについて甲と法人Xで賃貸借契約を締結し、無償返還の届出を提出、通常の地代を支払う

この場合に、甲が取得した土地は甲自身ではなく法人Xが所有する特定施設(コンビニ)の敷地の用に供されていますが、租税特別措置法第37条1項9号の適用を受けることは可能なのでしょうか?

【取扱い】

租税特別措置法第37条1項9号には特定施設を土地の所有者(今回の事例では甲)が所有することまでは定められていません。法人税の事業用資産買換の圧縮記帳(租税特別措置法第65条の7)においては国税庁の質疑応答にて特定施設の所有者が他者の場合でも土地が特定施設の敷地の用に供されている限りは9号買換えの適用を受けることができるとあり、所得税でも同様の解釈が可能であり、同規定の適用を受けることは可能です。

また、特定施設の所有者が同族会社であることや地代のやり取りが無いことを理由として適用できないこととする規定は存在しないため、これらを特段問題とする必要はないものと考えられます。

< 一覧へ戻る

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国7拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る