相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

取材履歴・お知らせ等

【雑誌】月刊「税理」(2021年11月号)に掲載されました。

2021/10/21

カテゴリー:

月刊「税理」(2021年11月号)に弊社審査部の河合 厚と小関 和夫より寄稿させて頂きました。

河合は「有価証券をめぐるエビデンスの整え方」というタイトルにて、3つのポイントに絞って解説しております。

【雑誌】月刊「税理」(2021年11月号)に掲載されました。
①有価証券は申告漏れの多い財産であり、相続財産にどのように計上すべきか
②有価証券は把握困難性、商品の多様化、有価証券特有の3つの特徴があり、これらを踏まえて税務調査のエビデンスも整えておく
③整えておくエビデンスを確認することで税務調査時はもちろん、相続税申告や生前対策の際の参考になる

小関は「各種特例の適用を受けるためのエビデンスの整え方」いうタイトルにて、3つのポイントに絞って解説しております。

【雑誌】月刊「税理」(2021年11月号)に掲載されました。
①税法改正により各種特例制度を適用可否が複雑化により、申告書提出の際には特例の種類や内容に応じたエビデンスを整えておく
②エビデンスを整えておくべき特例制度についての解説
③生前から各種特例の適用を見据え、書類整理やメモ作成保管など、受ける特例に応じた対策を講じておくことが必要
【雑誌】月刊「税理」(2021年11月号)に掲載されました。

< 一覧へ戻る

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

無料特典

ページトップへ戻る