年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

チェスターNEWS

現預金の評価はそのまま

2010/08/22

関連キーワード:

相続税は相続財産総額に課せられますが、一定の財産については、時価よりも低く評価することができたり、一定の金額まで非課税にすることができます。

ただし、現預金の場合は額面そのままが相続財産になってしまいます。

現預金等のすぐに現金化できる資産が全くないと、葬式費用や納税資金等に困る場合もありますので、ある程度の資金は用意しておいた方がいいですが、多額の預貯金を抱えていらっしゃる方は、生前対策をすることをお勧めします。

初回面談は無料ですので、ぜひ税理士法人チェスターにご連絡下さい。

【次の記事】:相続税の納税方法

【前の記事】:書面添付制度とは

< 一覧へ戻る

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る