年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

チェスターNEWS

建築中の家屋の評価について

2011/07/25

関連キーワード:

被相続人が家屋の建築にかかる工事契約を締結し、その建築工事中に死亡した場合におけるその家屋の評価額については、その家屋について、課税時期までにかかった建築費用の額(以下、費用現価という。)に70%を乗じて計算した金額(工事未完成の場合に限る)により評価します。その際の費用現価は、課税時期における建築工事の進捗率を乗じて評価します。 また、既に支払われた工事請負代金と費用現価との差額は、未払金として債務に計上します。

【次の記事】:相続発生後の手続きと期限について

【前の記事】:1つの連続する路線の屈折部に接する不整形地

< 一覧へ戻る

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る