年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

【事例15】道路が屈折している外側に面している宅地

対象地図

【評価のポイント】

1)間口距離の求め方
実際に接道している間口距離と、想定整形地の間口距離の短い方が間口距離となります。
10m + 10m = 20m < 25m より、間口距離=20m

2)奥行距離の求め方
470㎡ ÷ 20m = 23.5m < 25m より、奥行距離=23.5m

3)想定整形地の描き方
通常通り、想定整形地の底辺を路線と水平に描いた長方形2種類と、路線に接する両端を結んだ長方形の3パターンを比較し、最も面積の小さいものを採用することとなります。

【評価明細書の記載例】

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る