年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

【事例3】2つの整形地に合理的に区分できる不整形地

対象地図

【評価のポイント】

1)図のようにA土地とB土地を整形地に合理的に区分できるような場合、別々に不整形補正等を行う評価を行い、それらを合計した価額を全体の土地の評価とする方法があります。

具体的には、評価明細書の通り
A土地:2,500万円
B土地:5,000万円
となり、合計の7,500万円が当該土地の評価額となります。

2)なお、このA土地とB土地を一体で評価し、不整形地補正率を適用する方法でも差し支えありませんので、実務上はこの評価方法との有利判定を行う必要があります。

【評価明細書の記載例】

【A土地】

【B土地】

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る