年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

【事例5】とても狭い宅地

対象地図

【評価のポイント】

1)原則、狭い土地であっても特段の評価減の評価基準はありませんので通常通りの評価となります。

2)但し、「利用価値の著しく低下している宅地」(タックスアンサーNo.4617)として10%の評価減は行える可能性があります。但し、タックスアンサーの例示列挙には記載はありません。

3)また、狭小であることが理由で、建物の建築許可が下りないような場合には、30%や50%の評価減ができる可能性もあると考えます。30%、50%の根拠としては、高圧線下の土地がある場合の建築制限がある場合は30%減、建築がまったくできない場合の50%という数値を参考にしています。

【評価明細書の記載例】

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る