相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料面談実施中

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

チェスター相続税実務研究所

相続開始後に障害者手帳の交付を受けた場合の障害者控除の可否

2018/11/12

相続「開始」時点において障害者手帳の交付事由に該当する障害の程度があったものの、その申請手続をしておらず(又は交付を受けておらず)、相続税「申告」時点で申請手続中(又は交付済)であった場合、相続税の障害者控除の適用を受けることができるでしょうか。

相続税法基本通達19の4-3に以下の定めがあります。

相続開始の時において、(略)障害者(略)手帳の交付を受けていない者であっても、次に掲げる要件のいずれにも該当する者は、(略)一般障害者又は(略)特別障害者に該当するものとして取り扱うものとする。

  1. (略)申告書を提出する時において、これらの手帳の交付を受けていること又はこれらの手帳の交付を申請中であること。
  2. (略)医師の診断書により、相続開始の時の現況において、明らかにこれらの手帳に記載される程度の障害があると認められる者であること。

上記の事実関係に拠れば、上記通達の(1)は満たしていると考えられますので、(2)の「医師の診断書」を併せて添付すればよいと考えられます。

これは、障害者手帳の交付申請が「一か八か」でできる性格のものではなく、交付されることが確実と見込まれる場合に申請ができる(申請できれば、ほぼ交付を受けることができる)ためです。

なお、(2)を満たすためには、その診断書に、「〇年〇月〇日(相続開始日)において、既に・・・(障害者手帳の交付理由に該当する障害)・・・の状況にあった」ことを証明していただかなくては添付の意味がありませんので、親族の方に依頼される際にこの点を念押ししていただければ二度手間になることはないでしょう。

< 一覧へ戻る

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る