相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

チェスター相続税実務研究所

鉄道高架下の借地権の評価

2015/01/12

鉄道高架下に土地を賃借した上で自ら建物を建築し、営業を行っている場合に借地権の評価はどのように行えば良いのでしょうか?

財産評価基本通達には鉄道路線高架下の借地権の評価方法は定められておりませんので、原則としては国税庁長官の指示を得て個別に評価することになります。

手法として考えられるのは、区分地上権が設定されているわけではないものの、建物の構造等に制限を受けるものであることから、高圧線下の土地や地下鉄等の区分地上権の目的となっている借地権に準じて評価する方法です。

区分地上権に準ずる地役権の割合について、家屋の構造・用途等に制限を受ける場合の斟酌率は30%とされているので、自用地評価額の30%を自用地評価額から控除して借地権割合を乗じるというものです。

ただし、この手法によると、実際に取引される金額からみて相当高い評価額が算出されるため、区分地上権の目的となっている宅地の評価(財基通27-4及び27-6)に基づいて評価を行うことも一考に値すると考えます。

賃貸人は鉄道会社となり、契約書には無償返還の旨を謳っていたり、取引(転貸)禁止となっている場合には、借地権自体を認識しないということも考えられますので注意が必要です。

< 一覧へ戻る

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

無料特典

ページトップへ戻る