相続税の申告・相談なら年間申告実績1,700件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国10拠点】東京本店・新宿・池袋・千葉・大宮・横浜・名古屋・神戸・大阪・福岡
【全国10拠点】
最寄り事務所を探す»

面談予約専用フリーダイヤル

0120-888-145

平日 9時〜21時 土日祝 9時〜17時

  • 東京
    【東京事務所】直通フリーダイヤル0120-390-306
  • 新宿
    【新宿事務所】直通フリーダイヤル0120-688-377
  • 池袋
    【池袋事務所】直通フリーダイヤル0120-958-840
  • 千葉
    【千葉事務所】直通フリーダイヤル0120-567-905
  • 大宮
    【大宮事務所】直通フリーダイヤル0120-736-510
  • 横浜
    【横浜事務所】直通フリーダイヤル0120-958-968
  • 名古屋
    【名古屋事務所】直通フリーダイヤル0120-822-088
  • 神戸
    【神戸事務所】直通フリーダイヤル0120-817-825
  • 大阪
    【大阪事務所】直通フリーダイヤル0120-957-728
  • 福岡
    【福岡事務所】直通フリーダイヤル0120-359-520
お電話

各事務所詳細ページに飛びます

チェスター相続税実務研究所

遺留分減殺請求された場合の相続税申告

2015/03/16

すべての遺産を特定の相続人に「相続させる」遺言があった場合において、他の相続人から遺留分減殺請求をされたときに相続税申告上留意すべき点を確認したいと思います。

特定の遺産を特定の相続人に「相続させる」旨の遺言は、遺贈と解すべき特段の事情がなければ、相続開始時に直ちに当該遺産を分割したものと考えます。すなわち、このような遺言については遺産分割の余地がないこととなります。このような遺言で、遺言内容と異なる遺産分割を実施すると相続人間で交換や贈与といった相続税以外の所得税や贈与税の課税が生じる可能性があるため要注意です。

遺産分割の余地がなくても遺留分を侵害している内容の遺言であれば遺留分減殺請求は可能となります。遺留分減殺請求権が行使されると相続分の指定は遺留分を侵害している限度において失効し、遺留分権利者に帰属すると理論上は考えることができますが、実務上は遺留分権利者に返還すべき又は弁償すべき額がすぐに決まるわけではありません。

遺留分減殺請求をされて相続税申告期限までに返還すべき又は弁償すべき額が確定しなかった場合における相続税申告は未分割申告となるのでしょうか。結論を申し上げると未分割申告にはなりません。返還すべき又は弁償すべき額が決まっていない場合には遺言の内容通りに相続税の当初申告をする必要があります。その後返還すべき又は弁償すべき額が確定した場合には修正申告又は更正の請求を実施することとなります。

< 一覧へ戻る

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
21:00

土日祝
9:00-
17:00

お電話

面談予約専用

0120-888-145

【平日】9時~21時 【土日祝】9時~17時

アイコン

資料請求

ページトップへ戻る