相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料面談実施中

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

チェスター相続税実務研究所

特定居住用宅地・同居親族とみなされるか

2015/05/18

平成26年1月より、二世帯住宅について区分所有登記をしている場合の小規模宅地選択の際の特定居住用宅地等の取り扱いが変更となりました。

親と子が、それぞれの居住部分について区分所有登記をしている場合は、被相続人の居住部分のみが特定居住用宅地等に該当することとなります。

それでは、土地と建物の1階は被相続人(母)が所有、建物の2階は相続人(子)が所有しており、建物は区分登記だが内階段があり、1階と2階は自由に行き来ができる一軒家である場合、小規模宅地が適用される部分はどこになるのでしょうか。

1階と2階にそれぞれ玄関があり、それぞれ独立して住居としての用途に供することができる構造であり、たとえ内階段があるとしても親と子は独立して生活を営んでいると認められる場合は、親と子は「同居親族」として認められないので、被相続人である母が居住している部分についてのみ特定居住用宅地等に該当することになります。

しかし、1階はキッチン、バス、母の居室、2階は子の居室で、食事は全員1階でしているという状況ならば、それぞれ独立した生活とは言えませんから、親と子は「同居親族」とみなされ、母の所有する宅地全体が、特定居住用宅地に該当することになります。

< 一覧へ戻る

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る