相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料面談実施中

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

チェスター相続税実務研究所

著作権の評価について

2013/12/16

著作権の評価については、『年平均印税収入の額×0.5×評価倍率』という算式で求めることになります。

また、算式中の「年平均印税収入の額」「評価倍率」等は、次によります。

【年平均印税収入の額】
印税収入の前年以前3年間の年平均額となります。

【評価倍率】
著作物に関し精通している者の意見等を基として推算したその印税収入 期間に応ずる基準年利率による複利年金現価率を使用します。

印税収入期間につきましては、著作権法により「著作権は、著作者が死亡してから50年を経過するまでの間、存続する。」と定められており最長で50年になると思われますが、実際適用する際には、当該出版物の発売時期や増刷の状況・今度の見込みなどを総合的に検討し出版社等精通者の意見を求めるなど、適正期間の把握をする必要があります。

< 一覧へ戻る

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る