相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料面談実施中

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

チェスター相続税実務研究所

容積率の緩和を受けている場合の容積率の異なる地域の減額について

2013/12/26

容積率の異なる2以上の地域にわたる宅地の評価額は、正面路線に設定された路線価の効力(容積率の効力)が評価対象地全体に及ばないため、一定の減額調整がなされます。

では、建築基準法第59条の2の適用を受け、公開空地を設けて容積率の緩和を受けているマンションの敷地についてはどうでしょうか。この土地の正面路線に接する部分の容積率が500%、裏面路線に接する部分の容積率が400%、敷地の中央部分の容積率が300%だとします。ただし、容積率の緩和を受け、敷地全体の容積率は約600%になっています。このように、容積率の緩和を受け、正面路線に設定された容積率以上の建築物があるについても、一定の減額調整が適用できるのでしょうか。

結論としては、容積率の異なる2以上の地域にわたる宅地として一定の減額調整が適用できます。もともと、この減額調整の取り扱いは、減額調整方法としての統一基準を定めたものであるため、減額調整の計算上、建築基準法第59条の2の容積率の緩和は考慮しないこととなります。

< 一覧へ戻る

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る