相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料面談実施中

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

チェスター相続税実務研究所

第三者割当時の発行済株式数算定上の時価について

2014/04/07

 以下のような前提で第三者割当増資を行う場合、一株あたりの株式の評価を行う際には、どの方法で算出すべきでしょうか。

【前提】

従前の株主・・・妻・子(全員取締役)
増資の払込者・・・夫

【方法】

1.相続税法上の時価(財産評価基本通達)
2.法人税法上の時価(法人税法基本通達9-1-14)
3.時価純資産価額(法人税法基本通達9-1-14の純資産価額のみで類似業種比準価額と折衷をしない方法)

この場合、従前の株主は妻及び子であり、増資は夫が引き受けるため、妻及び子から夫への新株引受権の経済的利益があったものとして、贈与税の課税関係が生じます。ただし、それ以外には、課税関係が生じないため、上記1の相続税法上の時価で株式の評価を行うものと考えられます。

第三者割当増資は法人との取引であるため上記2の法人税法上の時価を採用するとの考え方もありますが、最終的な課税関係に着目すると本件については法人株主がいないため相続税法上の時価が適正であると考えられます。

< 一覧へ戻る

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る