相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料面談実施中

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

チェスター相続税実務研究所

小規模宅地等の特例の適用可否(建替えの事業計画変更の場合)

2014/04/21

被相続人が所有しているアパートは老朽化が進んでおり、建て替えを検討していたため入居者の立ち退き交渉を行い、退去後は新規の募集はしていませんでした。相続発生後、立ち退き交渉を行っていた入居者が退去をしましたが、相続人は建て替えではなくリフォームをして貸付を継続することにしました。この場合には小規模宅地の特例の適用はあるのでしょうか。

アパートに空室があったとしても、その空室が「継続的に賃貸されてきた部分で、課税時期において一時的に賃貸されていなかったと認められる」部分に該当するのであれば、小規模宅地の特例の適用は出来ます。リフォーム後には入居者を募集し、賃貸を継続していくのが確実であれば、小規模宅地の特例の適用を受けることができるでしょう。

< 一覧へ戻る

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る