相続税の申告・相談なら年間申告実績1,700件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国10拠点】東京本店・新宿・池袋・千葉・大宮・横浜・名古屋・神戸・大阪・福岡
【全国10拠点】
最寄り事務所を探す»

面談予約専用フリーダイヤル

0120-888-145

平日 9時〜21時 土日祝 9時〜17時

  • 東京
    【東京事務所】直通フリーダイヤル0120-390-306
  • 新宿
    【新宿事務所】直通フリーダイヤル0120-688-377
  • 池袋
    【池袋事務所】直通フリーダイヤル0120-958-840
  • 千葉
    【千葉事務所】直通フリーダイヤル0120-567-905
  • 大宮
    【大宮事務所】直通フリーダイヤル0120-736-510
  • 横浜
    【横浜事務所】直通フリーダイヤル0120-958-968
  • 名古屋
    【名古屋事務所】直通フリーダイヤル0120-822-088
  • 神戸
    【神戸事務所】直通フリーダイヤル0120-817-825
  • 大阪
    【大阪事務所】直通フリーダイヤル0120-957-728
  • 福岡
    【福岡事務所】直通フリーダイヤル0120-359-520
お電話

各事務所詳細ページに飛びます

チェスター相続税実務研究所

貸付金債権等の評価

2014/07/22

財産評価基本通達205において貸付金債権等の全部又は一部が課税時期において一定の金額に該当するとき、その他回収が不可能または著しく困難であると見込まれるときにおいては財産評価額に含めないという取扱いがあります。

「その他回収が不可能又は著しく困難であると見込まれるとき」とは、上記通達において具体的な該当項目があることから、これらと同視できる程度に債務者の資産状況・経営状況が破綻していることが客観的に明白であり、債権回収の見込みがないことが確実であると言い得る場合を指すものと考えられます。

貸付先法人が債務超過であり、経営状況から見ても弁済が不可能のように見えても、相続発生後に上記通達に列挙されている事由が生じることなく営業を継続していた場合に上、相続財産から貸付金を除外して申告したものを否認した判決もあることから、相続発生時に過大に債務超過であることだけを理由にして貸付債権を相続財産から除外するのは難しく、その後の債務者の状況を勘案して総合的に判断する必要があります。

< 一覧へ戻る

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
21:00

土日祝
9:00-
17:00

お電話

面談予約専用

0120-888-145

【平日】9時~21時 【土日祝】9時~17時

アイコン

資料請求

ページトップへ戻る