相続税の申告・相談なら年間申告実績1,700件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国10拠点】東京本店・新宿・池袋・千葉・大宮・横浜・名古屋・神戸・大阪・福岡
【全国10拠点】
最寄り事務所を探す»

面談予約専用フリーダイヤル

0120-888-145

平日 9時〜21時 土日祝 9時〜17時

  • 東京
    【東京事務所】直通フリーダイヤル0120-390-306
  • 新宿
    【新宿事務所】直通フリーダイヤル0120-688-377
  • 池袋
    【池袋事務所】直通フリーダイヤル0120-958-840
  • 千葉
    【千葉事務所】直通フリーダイヤル0120-567-905
  • 大宮
    【大宮事務所】直通フリーダイヤル0120-736-510
  • 横浜
    【横浜事務所】直通フリーダイヤル0120-958-968
  • 名古屋
    【名古屋事務所】直通フリーダイヤル0120-822-088
  • 神戸
    【神戸事務所】直通フリーダイヤル0120-817-825
  • 大阪
    【大阪事務所】直通フリーダイヤル0120-957-728
  • 福岡
    【福岡事務所】直通フリーダイヤル0120-359-520
お電話

各事務所詳細ページに飛びます

チェスター相続税実務研究所

負担付遺贈の場合における申告書の記載方法

2014/07/28

相続人以外の者に対して特定の財産とともに債務の負担を求める負担付遺贈となっている特定遺贈の遺言書がある場合、相続税申告書には、実務上どのように記載したらよいのでしょうか。

債務控除は、適用対象者が相続人又は包括受遺者と規定されているため、本件の特定受遺者は債務控除の適用対象外となります(相法13)。

また、負担付遺贈により取得した財産の価額は、負担がないもとのした場合における財産の価額からその負担額を控除した価額によるものとされています(相基通11の2-7)。

このような前提のもと、特定受遺者が負担する債務は、相続税申告書第13表(債務及び葬式費用の明細書)に記載するか、相続税申告書第11表(相続税がかかる財産の明細書)にマイナス表記をするのか問題となります。

結論としては、当該債務が相続税法第13条に規定する債務控除に該当しないのであれば、相続税申告書第11表にマイナス表記することが望ましいといえます。

< 一覧へ戻る

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
21:00

土日祝
9:00-
17:00

お電話

面談予約専用

0120-888-145

【平日】9時~21時 【土日祝】9時~17時

アイコン

資料請求

ページトップへ戻る