相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で5万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

チェスター相続税実務研究所

隅切りを必要とする宅地の評価

2014/08/11

所有する土地の一部分について東京都建築安全条例第2条の規定により隅切りを設けなければなりません。

財産評価基本通達24-6は建築基準法42条2項の道路に面する宅地を対象としておりますが、本事例のように法律ではなく条例である東京都建築安全条例第2条の規定により隅切りを設けなければならない場合においても、財産評価基本通達24-6の規定により7割評価減の適用を受けることは可能でしょうか。

隅切りを必要とする宅地は、将来建物を建て替えする時期に道路敷きとしてその隅切りが実現されることになるので、その宅地の価額の評価にあたっては、その隅切りを必要とする事情を考慮するのが相当です。(財産評価基本通達2(3))

条例により隅切りを必要とする宅地で未だ隅切りが行われていない宅地については、将来隅切りを必要とする部分が宅地として利用できないことが明らかに認められることから、その宅地の価額は、隅切りを要しない宅地の価額に比較して減価することが当然であると考えられます。

また、隅切りを必要とする部分については、将来道路敷きとなるわけですが、現に隅切りをしていない限りにおいては宅地として利用されているので、私道と比較すると、少なくとも私道の価値率(評価基本通達24では30%)を下回ることはないと考えられます。

したがって、以上の考えは、セットバックを必要とする宅地の評価(財産評価基本通達24-6)と趣旨を同じくするものであるので、隅切りを必要とする宅地の価額は、セットバックを必要とする宅地の評価に準じて評価するのが相当であると考えられます。

< 一覧へ戻る

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国7拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る