年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

チェスター相続税実務研究所

底地人と転貸借人が同一な場合

2014/09/01

【前提条件】

  • ・底地人:父、借地人:娘、転貸借人:父
  • ・娘⇒父へ通常の地代を底地地代として支払
  • ・父⇒娘へ相当の地代を借地権地代として支払
  • ・通常の権利金の支払いあり

このような状況において父の相続が発生した場合、当該借地権部分の評価はどのようになるのでしょうか。底地人と娘の所有ではありませんが当該土地の上に家屋が建っていることから、娘の借地権は存在しており、かつ、父から娘に対して相当の地代を支払っていることから、底地部分を父の相続財産に計上すればよいのでしょうか。

【取扱い】

昭和60年6月5日課資2-58(例規)直評9の個別通達の適用は、相当の地代を支払っている場合には、転貸借地権についても同様に判断するべきと考えられます。よって、この場合には、底地部分を父の相続財産に計上すればよいと考えられます。

 

相続専門の税理士監修!
相続税について丸わかり!

< 一覧へ戻る

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る