相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料面談実施中

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

チェスターNEWS

新型コロナウィルス感染症対応休業支援金は非課税に

2020/07/20

関連キーワード:

新型コロナウィルス感染症対応休業支援金は非課税に

1 新型コロナウィルス感染症対応休業支援金が創設

「新型コロナウィルス感染症対応休業支援金」(仮称) が創設されます。
この支援金は、新型コロナウィルス感染症拡大の影響による休業期間中に「休業手当(労働基準法26条)」の支払を受けていない従業員等に対応するためのものです。

2 新型コロナウィルス感染症対応休業支援金は非課税に

「休業手当」と「新型コロナウィルス感染症対応休業支援金」は、休業中の従業員等に支払われるという点では共通していますが、課税関係については異なる形になるようです。
つまり、休業手当については、給与所得として源泉徴収の対象となりますが、新型コロナウィルス感染症対応休業支援金については、非課税とする方向で調整されているとのことです。

3 新型コロナウィルス感染症対応休業支援金は労働者が直接申請

新型コロナウィルス感染症対応休業支援金は、休業手当等の支払を受けていない中小企業の労働者が対象となり、労働者が国に対して直接申請する仕組みとなる予定です。

新型コロナウィルス感染症対応休業支援金は非課税に

4 まとめ

「新型コロナウィルス感染所対応休業支援金」等の課税関係をまとめると、以下のようになります。

新型コロナウィルス感染症対応休業支援金は非課税に

【次の記事】:<新型コロナ緊急経済対策>生産性革命の実現に向けた固定資産税の特例の拡充・延長

【前の記事】:景観重要建造物・歴史的風致形成建造物の家屋及びその敷地の評価

< 一覧へ戻る

今まで見たページ(最大5件)

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る