相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で5万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

チェスターNEWS

「私道も小規模宅地等の特例の適用がある?」

2014/10/20

関連キーワード:

私道に小規模宅地等の特例は使えるでしょうか。

私道にも不特定多数の人が利用する私道、所有者だけが利用する私道、特定の者だけが利用する私道など、利用する人が限定されるケースや、限定されないケースによる違いにより評価方法が異なります。

通り抜けが出来るような不特定多数の人が利用する私道については、公共の用に供されていると考えられますので相続税の課税の対象とはなりません。また、行き止まりの私道であってもその先に公民館やバスの停留所があるなど不特定多数が利用する私道についても通り抜け私道同様に課税の対象とはなりません。

逆に、所有者だけが利用する私道(下図①)は居住者Bの専用通路になっていて、仮に筆が分かれていたとしても敷地の一部となっています。このような場合には私道A部分も自用地としての評価となります。自用地ですから小規模宅地等の特例の対象ですが、私道としての減価はありません。

次に特定の人が利用する私道ですが、その私道を利用している人が道路周辺の人に限定されるものになります。下図②で説明しますと私道A’はC’,D’,B’の3軒が利用している私道です。かつB’,C’にとってはこの私道がないと公道へ出ることができません。このようなB’,C’の土地の維持・効用を果たすために必要不可欠なものについては土地の共有持分についても私道で自用地評価の30%とした上で、さらに小規模宅地等の特例の対象とすることができます。

「私道も小規模宅地等の特例の適用がある?」

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

【次の記事】:特定受遺者は債務控除が受けられない

【前の記事】:家族名義の預金の相続財産への計上の要否の判断

< 一覧へ戻る

今まで見たページ(最大5件)

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る