相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料面談実施中

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

チェスターNEWS

先妻、先夫との子供がある再婚夫婦の遺産分割

2014/06/04

関連キーワード:

互いに先妻、先夫との子供がある再婚夫婦の場合、相続が発生した後の遺産分割はどのように行うことが望ましいでしょうか。

例えば先に夫(X)が亡くなったとき、被相続人は夫(X)であり、相続人は、妻(Y)、長男(A)になります。

仮に相続が発生するまで、夫(X)と妻(Y)が夫(X)所有の自宅で生活していたとすると、その自宅は相続財産として遺産分割の対象となりますが、ここで妻(Y)と長男(A)とで平等に持分を2等分するような遺産分割を行ってしまうと、後々問題が起こってきます。

仮に夫(X)が亡くなった後も、妻(Y)がその自宅に住み続ける場合、その持分は自身の子供ではない長男(A)との共有となっています。

そして今後、妻(Y)が亡くなり、妻(Y)の相続が発生した際には、その相続人は長女(B)となります。

妻(Y)が住んでいた自宅の持分を長女(B)が相続し、長女(B)がそこに居住することとなった場合、長女(B)にとっては全くの他人である長男(A)が自身の自宅の持分を半分所有することとなってしまいます。

こうなってしまうと、自宅の売却もしくはその他の権利行使をする際に、大変面倒なことになるため、このような事態はできれば避けるべきでしょう。

このようなときに平等な遺産分割を行いたい場合、夫(X)の相続財産に自宅以外にも金融資産等があるならば、例えば自宅は妻(Y)が相続し、金融資産は平等になるよう調整しながら長男(A)が相続する等、不動産の持分を共有としない形で平等な額になるよう遺産分割を行うことが望ましいと考えられます。

先妻、先夫との子供がある再婚夫婦の遺産分割

【次の記事】:税制改正後は生前贈与を使った生前対策がより有効になります

【前の記事】:民法と相続税法の違い

< 一覧へ戻る

今まで見たページ(最大5件)

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る