相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で5万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

チェスターNEWS

遺族給付金に関する相続税の取り扱い

2011/01/02

関連キーワード:

遺族給付金とは、厚生年金や国民年金などの被保険者であった人が亡くなったとき、遺族の方に対して支給される給付金です。また、恩給を受けていた人が亡くなった場合には、遺族の方に対して支給される恩給をいいます。

ここでは、遺族給付に関する相続税課税の取り扱いについて解説します。 企業年金制度からの給付金に関しては、給付形態(年金か一時金か)、採用している制度の種類、および給付の発生事由(老齢、障害または遺族)によって取扱いが異なります。

国民年金法、厚生年金保険法、恩給法、旧船員保険法、国家公務員共済組合法、地方公務員等共済組合法、私立学校教職員共済法、旧農林漁業団体職員共済にかかる遺族給付金の場合には、年金、一時金ともに非課税扱いとなります。しかし、確定給付企業年金、適格退職年金、企業型確定拠出年金の場合、年金、一時金はともに相続税の課税対象となります。

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

【次の記事】:相続財産から差し引くことができる葬儀費用とは?

【前の記事】:相続税の計算方法(平成23年改正後) 

< 一覧へ戻る

今まで見たページ(最大5件)

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国7拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る