年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

チェスターNEWS

上場株式についての最終価格の特例について

2011/05/06

関連キーワード:

上場株式の評価をする際、課税時期に最終価格が無いものについては、課税時期の前日以前の最終価格又は翌日以後の最終価格のうち、課税時期に最も近い日の最終価格(その最終価格が2つある場合には、平均額)により評価しますが、今回は上場株式について権利落ち又は配当落ちがあったときについて考察します。

また、課税時期が権利落又は配当落の日の前日以前であるときや、権利落後から株式の割当て、株式の無償交付又は配当金交付の基準日までの間にあるときは、その課税時期や権利落等の日の前日以前の最終価格のうち、課税時期に最も近い日の最終価格をもって課税時期の最終価格とします。

しかし、課税時期が株式の無償交付又は配当金交付の基準日の翌日以後で、評価の基礎となる最終価格が、その権利落等の日の前日以前のもののみである場合又は権利落等の日以前のものと以後のもの、両方ともある場合は、課税時期の翌日以後の最終価格のうち、課税時期に最も近い日の最終価格にて評価します。

【次の記事】:相続開始後に取得した保険金・給付金について

【前の記事】:土地の賃貸借がある場合の評価額

< 一覧へ戻る

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る