年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

チェスターNEWS

相続開始後に取得した保険金・給付金について

2011/05/13

関連キーワード:

相続開始後に相続人が取得した生命保険金等は、相続または遺贈により取得したものとみなされ、相続財産に加算されます。

その際、法定相続人の数×500万円までの金額が非課税になるため、その分税金は安くなります。

なお、みなし相続財産として加算されるこれらの保険金は、被相続人が保険料を負担しており、「被相続人の死亡」を保険事故として支払われるものに限られます。

しかし、被保険者の傷害(死亡の直接の基因となった傷害を除く)や疾病その他これに類するもので、死亡を伴わないものを保険事故として支払われる保険金等(入院給付金等)については、相続開始後に入金され、被相続人が受取人となっているものであっても、前述したみなし相続財産には該当せず、被相続人の本来の財産(その他財産)として、その全額が相続税の課税対象になります。

また、被相続人の生前に支払われたものについては、被相続人の預貯金等に含まれます。

【次の記事】:ゴルフ会員権の評価

【前の記事】:上場株式についての最終価格の特例について

< 一覧へ戻る

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る