相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

チェスターNEWS

取引相場のない株式の評価方法(土地保有特定会社の場合)

2011/08/22

関連キーワード:

取引相場のない株式の価額は、評価しようとするその株式の発行会社が、「大会社」「中会社」「小会社」のいずれに該当するかに応じて評価方法が異なります。

しかし、課税時期において、以下の①、②のいずれかに該当する会社は、「土地保有特定会社」に該当し、この場合には、会社規模に関わらず、1株当たりの純資産価額(相続税評価額によって計算した金額)により評価します。

一種の資産の保有割合が大きく偏っている場合には、租税回避防止の観点から類似業種比準価額による評価方法(評価会社に類似する業種の株価等により、株価を算定する方法)が使用できません。

また、株式取得者と同族関係者の議決権割合が50%以下の場合は、1株当たりの純資産価額は100分の80した金額により評価します。

①大会社に区分される会社(小会社に区分される会社で卸売業に該当する場合には、総資産価額が20億円以上、卸売業以外に該当する場合には総資産価額10億円以上のものを含む)で、その保有する各資産の価額の合計額のうちに占める土地等の価額の合計額の割合が70%以上である会社

②中会社に区分される会社(小会社に区分される会社で卸売業に該当する場合には、総資産価額が7,000万円以上、小売・サービス業に該当する場合には、総資産価額が4,000万円以上、卸売、小売・サービス業以外に該当する場合には総資産価額5,000万円以上で、上記①に含まれないものを含む)で、各資産の価額の合計額のうちに占める土地等の価額の合計額の割合が90%以上である会社

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

【次の記事】:名義預金は相続財産?

【前の記事】:保険金とともに支払を受ける剰余金等について

< 一覧へ戻る

今まで見たページ(最大5件)

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る