相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

チェスターNEWS

取引相場のない株式等の評価(大会社の株式保有割合による株式保有特定会社の判定基準)

2013/06/11

関連キーワード:

従来、取引相場のない株式を発行する大会社のうち、株式保有割合が25%以上である大会社は株式保有特定会社とされ、その株式の価額を類似業種比準方式ではなく、原則として純資産価額方式で評価することとされていました。

しかし、平成25年2月28日の東京高裁の判決を受けて、上記の株式保有割合が平成25年5月27日付で25%以上から50%以上に改正されました。

これによって、株式保有特定会社の判定は大会社、中会社、小会社のすべてにおいて、株式保有割合が50%以上に統一されることになりました。

なお、本改正に係る改正後の基本通達は、平成25年5月27日以後に相続等に取得した財産を評価する場合に適用されます。

また、過去に遡って改正後の評価通達を適用することによって、過去の相続税等が納め過ぎになる場合には、本改正を知った日の翌日から2月以内に更正の請求をすることができます。

ただし、法定申告期限等から既に5年(贈与税の場合は6年)を経過している相続税等については改正後の基本通達を適用できないことに留意が必要です。

【次の記事】:代償金を支払った場合の取得費加算の特例

【前の記事】:ディスカウント債の評価

< 一覧へ戻る

今まで見たページ(最大5件)

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

無料特典

ページトップへ戻る