年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

チェスターNEWS

生命保険の課税

2013/11/12

関連キーワード:

生命保険においては、その契約内容によって、課税関係が異なります。具体的には、保険料の負担者、被保険者、保険金受取人が誰であるかによって、課税される税金の種類が異なってきます。

たとえば、被相続人が父、相続人が母と子とします。被保険者が父である場合、保険料の負担者と保険金受取人がどちらも母で同じであれば、所得税が課税され、母と子というように異なれば、贈与税が課税されます。保険料の負担者が父であり、保険金受取人が母である場合には、相続税が課税されます。

保険料の負担者 被保険者 保険金受取人 税金の種類
所得税
相続税
贈与税

また、死亡保険金だけでなく、遺族が支払いを受ける個人年金についても、同様に課税関係は変わってきます。たとえば、被保険者が父である場合、保険料の負担者が父であり、年金受給権の取得者が母であれば、相続税が課税されます。保険料の負担者が母であり、年金受給権の取得者が子であれば、贈与税が課税されます。

保険料の負担者 被保険者(年金受取人) 年金受給権の取得者 税金の種類
相続税
贈与税

【次の記事】:増改築した場合の家屋の評価

【前の記事】:寄附金の控除について

< 一覧へ戻る

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る