相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

チェスターNEWS

生命保険を活用した生前対策について

2014/01/07

関連キーワード:

将来相続税がかかることが確実と認められる場合、相続税の節税として生前対策を行う方が最近増えてきました。

生前贈与を毎年行う、賃貸不動産を購入する等の対策を実行することで相続税法上の財産額の圧迫をすることができます。生命保険金には非課税枠があり、相続人×500万までは死亡保険金について、相続税がかからないということになります。

しかし、生前対策を行う推定被相続人が高齢である等の理由から生命保険契約の被保険者となれない状況にあるときには、生命保険を活用した生前対策はできないものでしょうか。

その場合、契約者を推定被相続人、被保険者を相続人、受取人を推定被相続人とする生命保険契約を締結します。この契約ですと推定被相続人の相続開始が保険契約の保険事由とならず、財産評価としては解約返戻金によって評価を行います。契約内容にもよりますが、解約返戻金の評価は支払った保険料よりも低額となるため、節税効果があります。

最近では、生前対策を見越した低解約返戻金型医療保険等も増えてきておりますので、生前対策案の一つとして活用してみてはいかがでしょうか。

生命保険を活用した生前対策について

【次の記事】:弔慰金等の取扱い

【前の記事】:現地調査の重要性

< 一覧へ戻る

今まで見たページ(最大5件)

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

無料特典

ページトップへ戻る