相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

チェスターNEWS

葬式費用等の引出しと単純承認

2014/01/22

関連キーワード:

相続が発生した場合には葬儀費用などいろいろと物入りです。また、相続が発生したことを金融機関が認識をすると口座がストップされます。そのため、葬儀費用などに使うためのお金を口座がストップされる前に被相続人の口座から引き出しておくというケースが多く見受けられます。

また、相続の承認方法として、単純承認・限定承認・相続放棄と3種類があります。 被相続人に多額の借金があるような場合には相続放棄を選択し借金を引継がないようにするのですが、民法921条では相続人が相続財産の全部又は一部を処分したときには単純承認をしたものとみなすと定められています。

被相続人の遺したお金で葬儀を行った場合に、その行為が相続財産の処分にあたるかどうかについては、不相当に高額なものでない場合には相続財産の処分に当たるとは断定できないという裁判例があります。ただし、これを根拠に100%大丈夫とは言い切れませんので相続人に預金があるのであれば、代表者が立替を行った方が安全であるといえます。

葬式費用等の引出しと単純承認

【次の記事】:直系尊属から教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税制度について

【前の記事】:小規模宅地等の特例に係る法令解釈通達の公表

< 一覧へ戻る

今まで見たページ(最大5件)

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

無料特典

ページトップへ戻る