相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料面談実施中

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

チェスターNEWS

使用貸借では土地は更地評価??

2009/08/09

関連キーワード:

使用貸借による土地の賃借人には、賃貸借ではないため、借地借家法における借地権という権利は存在しないことになります。

したがって、権利の移転を伴うようなことが生じないため、個人間における土地の使用貸借という行為自体について、税務上において問題が生じることは通常はありません。

つまり、土地の賃貸借の場合は借地権という問題が生じるところ、使用貸借であれば税務上においても問題なく、借主はタダで土地を利用することが可能となるのです。

そのため、土地の使用貸借は親族間、特に親子間でよく行われています。

しかし、子供が親の土地を使用貸借により借り受けて賃貸用建物などを建設することがよくありますが、このケースで相続が発生した場合には、土地の相続税評価額は自用地、つまり更地として評価されることになります。

借地権という権利が発生していないのですから、当然に更地評価となります。

したがって単純な使用貸借の場合には、相続による減額効果は見込めないことになります。

【次の記事】:貸付金の放棄と債務免除益 

【前の記事】:遺留分が侵害された場合の対応方法

< 一覧へ戻る

今まで見たページ(最大5件)

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る