年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

チェスターNEWS

生前贈与(110万円暦年贈与)の方法 ~その②~

2009/12/20

関連キーワード:

前回は110万円を毎年贈与する相続税対策をご紹介しましたが、一点連年贈与に注意が必要です。

毎年繰り返し贈与することを、連年贈与とよびます。

「毎年、子供に100万円ずつ20年間にわたって贈与する」と契約をしたならば、1年ごとに100万円の贈与を受けると考えるのではなく、契約をした年に、有期定期金に関する権利(20年間にわたり毎年100万円ずつの給付を受ける権利)の贈与を受けたものとして贈与税の申告が必要となります(法24条)。

そうなると、この場合、当初の年に2000万円×0.4=800万円の贈与がなされたと認識されますので、贈与税が一気にかかってしまいます。

それでは税務署と連年贈与でトラブルにならないためにはどうしたらよいのでしょうか。

対策として、以下のことがあげられます。

  • ①毎年、贈与する金額を変える
  • ②毎年、贈与をする日を変える
  • ③毎年、贈与をするごとに、贈与契約を結ぶ
  • ④一年飛ばしたりしてみる。

等々といった対策が考えられます。

要するに、当初から長期間に渡って贈与を計画していたのではないんですよということをアピールしなくてはなりません。実行には専門家の力を借りましょう。

【次の記事】:事業を承継した相続人が青色申告者になるための青色申告承認申請書の提出期限

【前の記事】:生前贈与(110万円暦年贈与)の方法 ~その①~

< 一覧へ戻る

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る