相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で5万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

チェスターNEWS

国税不服審判所まで戦います!!

2010/01/24

関連キーワード:

国税不服審判所とは、昭和45年5月に国税庁の附属機関(現在は特別の機関)として設置された公的機関です。国税の賦課徴収を行う税務署や国税局などの執行機関から分離された別個の機関として、国税に関する法律に基づく処分に係る審査請求について裁決を行い、納税者の正当な権利利益の救済を図るための機関です。

国税不服審判所 公式サイト

税務署から指摘を受けて納得できない時には、こちらの国税不服審判所に訴えを起こします。さらにそこでも納得できない時は裁判という流れになります。

この国税不服審判所で納税者が勝つ確率は10%~20%程度と低い確率ですが、裏返すと税務署に言われても争えば、100件に20件程度では納税者の主張が認められるということです。税務署の意見が絶対ではないということです。それ位、税法にはグレーな部分や難しい判断を伴うことが多いということです。

税理士法人チェスターも、納税者を守るために、税務署の間違えた指摘には毅然とした態度でNOと主張します。実際に国税不服審判所まで戦ったケースもあります。相続税申告専門の事務所として、きちんと自分達の主張を通すことが責務だと思っています。

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

【次の記事】:未分割申告の注意点

【前の記事】:相続財産の評価額を減らしたい

< 一覧へ戻る

今まで見たページ(最大5件)

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国7拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る