相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

チェスターNEWS

遺産分割協議書の作成は必要か?

2010/02/21

関連キーワード:

質問

遺産は現金、銀行預金のみで、不動産がない場合でも、遺産分割協議書は必要でしょうか?

回答

銀行預金は、銀行が死亡の事実を知れば凍結されます。これを解約・名義変更等するためには、相続人全員の実印の押された同意書が必要となりますが、銀行に書類が用意されていますので、その通りに作れば解約等が可能です。

このため、遺産分割協議書の作成は不要と思われるかもしれませんが、相続税申告を行う規模の財産額を保有されている方については、相続税申告書の添付書類として遺産分割協議書が必要となってきますし、後々にトラブルを残さないよう遺産分割協議書を作成することが必要になってきます。

また不動産を登記する際には、遺産分割協議書が必ず必要となります。

当事務所では、申告にあたり、遺産分割協議書の作成も、通常業務として、プランの内訳に含まれておりますので、ご安心してご依頼下さい。

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

【次の記事】:養子の人数と相続税の関係

【前の記事】:相続税の申告の手順(必要資料・申告期限・申告方法)

< 一覧へ戻る

今まで見たページ(最大5件)

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る