相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

チェスターNEWS

【平成30年4月以降】相続税申告提出時の添付資料としての戸籍謄本はコピーでOK

2018/04/23

関連キーワード:

【平成30年4月以降】相続税申告提出時の添付資料としての戸籍謄本はコピーでOK

平成30年4月1日以降に提出する相続税申告書の添付書類から、戸籍謄本については、コピーでよいことになりました。今までは、原本の提出が法律で義務付けられていましたが、今後はすべてコピーでOKです。

なお、相続開始日や開始年度に寄らず、申告書の「提出時期」によって判断されるものですので、単純に税務署に申告書を提出する日が平成30年4月1日以降であればこのルールが適用されます。少し詳しく見ていきます。

「戸籍謄本のコピー」もしくは「法定相続分情報一覧図の写し」でOK

被相続人の全ての相続人を明らかにする書類として、従前、認められていたものは、戸籍の謄本の原本のみでした。しかし、今回の改正により、戸籍謄本に代えて「法定相続分情報一覧図」でも良いこととなりました。「法定相続分情報一覧図」とは、法務局において発行される相続関係を示した図式が記載されている書類で必要書類(戸籍謄本等)を添えて申し出することで何通でも無料で交付を受けることが可能です。

戸籍謄本については原本ではなくコピーでも提出が可能となっています。

ちなみに、「法定相続分情報一覧図の写し」の「写し」というものはコピーという意味ではなく、こちらについては法務局から交付された原本そのものを提出する必要がありますので注意が必要です。法務局から交付されるものが「法定相続分情報一覧図の写し」という名称になります。

戸籍謄本については原本ではなくコピーでも提出が可能となっています。

なお、これらについて詳しく知りたい方は、以下の国税庁のサイトを参照してください。

平成30年度の税制改正により相続税申告書の添付書類の範囲が広がりました

 

【次の記事】:相続法改正!自筆証書遺言制度見直し、配偶者保護の制度など

【前の記事】:介護医療院と小規模宅地特例

< 一覧へ戻る

今まで見たページ(最大5件)

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

資料請求

ページトップへ戻る