年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

チェスターNEWS

保育所向けの土地貸与に相続税の非課税措置を検討

2016/08/22

関連キーワード:

保育所向けの土地貸与に相続税の非課税措置を検討

政府発表で検討中の段階(平成28年8月5日時点)ですが、相続や贈与により取得した土地を保育所や幼稚園に貸与する際に相続税や贈与税を非課税にする特例の創設を検討しているという報道機関の発表がありました。

恐らく平成29年度の税制改正に盛り込まれる予定とのことです。

制度の詳細は明らかにはなっていませんが、特に都心部では保育所や幼稚園が不足しており待機児童問題が発生しています。

そこで保育所を新たに設けようとしても「場所」がないのが現状で、建築ができずに中々幼稚園や保育所の新設が進まないという事情があります。

仮に保育所や幼稚園への貸与による相続税や贈与税の非課税が実現すれば、資産家にとっても土地の有効活用や節税に繋がりますし、待機児童問題も解決できるということで非常に効果の大きな特例になりそうです。

詳細は今後詰めていくと思われますが、実効性の高い内容で創設されることが期待されます。

今後も「保育所向けの土地貸与に関する相続税や贈与税の非課税措置」の新たなニュースが出ましたら最新情報をお届けします。

 

相続専門の税理士監修!
相続税について丸わかり!

【次の記事】:相続税の上場株式評価が時価の90%に【平成29年度税制改正要望】

【前の記事】:空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例の基礎知識と転用についての注意点

< 一覧へ戻る

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る