相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料面談実施中

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

チェスターNEWS

相続時精算課税制度で贈与を受けた土地に小規模宅地等の特例は適用できない

2016/09/13

関連キーワード:

相続時精算課税制度で贈与を受けた土地に小規模宅地等の特例は適用できない

相続時精算課税制度で故人から生前に贈与を受けた財産については、すべて相続発生時に相続財産に加算しなければなりません。

しかしこの際、相続税の小規模宅地等の特例で損をしてしまうかもしれませんので注意が必要です。

具体例で見てみましょう。

長男と同居をしている父親が相続時精算課税制度を用いて自宅の土地を長男に全て贈与したとします。

父親の相続時にこの自宅の土地については相続税の対象として加算しなければなりません。通常ここで亡くなった父親が所有していた自宅の土地を同居していた長男が相続した場合には、特定居住用宅地として自宅の相続税評価額が80%減額されます。

しかし相続時精算課税制度によって加算した土地については、小規模宅地等の特例の適用を、たとえ同居をしていたとしても受けることができません。

これは居住用に限らず事業用についても同様の取り扱いとなります。

このため将来、相続税が発生するような場合で相続時精算課税制度の適用を検討している人は、小規模宅地等の特例が適用できなくなるというデメリットがあることを理解した上で相続時精算課税制度による土地の生前贈与を行う必要があります。

小規模宅地等の特例は相続税の減額効果が大きい特例ですので相続時精算課税制度の適用の際には慎重に検討するとよいでしょう。

【次の記事】:相続税の修正申告における過少申告加算税(更正があるべきことの予知)

【前の記事】:配偶者控除見直しに!?共働きも適用

< 一覧へ戻る

今まで見たページ(最大5件)

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る