年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

チェスターNEWS

農業用施設用地の評価

2014/04/08

関連キーワード:

農業用施設用地とは、農用地区域又は市街化調整区域内に存する農業用施設の用に供されている宅地をいいます。

例えば、畜舎、農産物貯蓄施設、農機具を収納する農業用施設及びその敷地等です。

これらの土地の評価は、付近の農地価額を基準として求めた価額に、その宅地を農地から転用する場合において通常必要と認められる造成費に相当する額を加えることで行います。

造成費とは、例えば整地や伐採、地盤改良に伴う費用をいいます。

また、市街化が進む地域の付近に存在し、通常の宅地価額水準で取引されていると判断される場合には、農地価額ではなく、その付近の宅地の価額を基準として評価します。

このように、同じ農業用施設敷地として利用されている土地であっても、その付近の地域によって、評価方法は異なることとなるので注意が必要です。

農業用施設用地の評価

【次の記事】:相続により承継した連帯保証債務

【前の記事】:死後すぐに必要になるお金を相続財産とは別にとっておけるの?

< 一覧へ戻る

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る